日本語教育能力検定試験の内容

日本語教育能力検定試験は、日本語をマザーランゲージとしない外国人などを対象に日本語を教えるための日本語教師としての資質を客観的に把握するために設けられた資格試験です。

日本語教育能力の検定について調べるなら、こちらをご覧ください。

義務教育の小中学校などとは異なり、日本語教師には国家資格の免許制度はありませんので、民間の資格であるこの日本語教育能力検定試験に合格したかどうかが、将来的に国内または海外に所在する日本語学校の講師などとして就職する上での大きな足がかりとなります。



もちろん国家資格の制度がない以上は、このような検定試験に合格しなくても日本語教師になることは可能ということもできます。



しかし実際に資格も経験もない人がいきなり教壇に立つことができるほど甘い世界ではなく、高い授業料を支払ってまで日本語を学習したいと考える生徒からの猛烈なブーイングが出ることは目に見えています。


そのため採用するほうの日本語学校の側でも、最近ではこのような資格の有無をかなり厳格に応募の条件に加えるようになっているのが実情です。

日本語教育能力検定試験の内容ですが、基本的な出題レベルとしては、大学で日本語教師のためのカリキュラムを所定の時間数だけ履修したのと同じ程度となっていますので、事前の学習が物を言うことは確かです。
設問は日本の文化や社会経済にかかわる一般教養、言語学・音声学や教育方法論などといった分野にまたがっており、マークセンス方式に加えて記述式やヒアリング方式で答案を求める部分があります。