自社の環境を見直し離職防止を図ろう

離職防止は企業にとって人材が定着しないことで、求心力の低下や従業員の負担増加、新たに人材を採用し育成するための費用や時間がかかるためとても重要なものです。