日本語教育能力検定について説明

日本語教育能力検定とは日本語教師を目指す人の為の資格、もしくは既に日本語教師として働いている人がスキルアップの為に受ける場合もあります。

この検定は日本語教育の専門家として必要な知識を身につけているかを判断する為のモノです。


ちなみに受験資格については特になく、年齢や学歴、資格などを問わず誰でも受けることが可能です。
あとこの試験は国家資格や公的な試験ではないのであくまで民間の検定となりますが、現在日本語教育の現場では必要不可欠な資格や国家資格はないのでこの検定が採用の際の目安となっています。つまり日本語教育能力検定に合格していないからといって、日本語学校への採用が閉ざされるという訳ではありません。


ですが合格していた方が有利であることは間違いないと言えます。

そして試験は1年に1度実施されていて、合格率は23%前後です。

日本語教育能力の検定の最新情報が揃っています。

男女比でみると女性の受験者の方が多く、年齢は50歳以上の人が最も多いのが特徴と言えます。



そんな日本語教育能力試験の内容は試験?と?と?とがあり、1日がかりで実施されます。試験?は90分間で、その内容は日本語教育の実践的な基礎知識です。



ちなみに試験?については30分で音声を聞いて回答する形式となります。

さらに試験?は120分間でマークシート形式のテストとなります。

詳しい試験の詳細についてはホームページで確認して下さい。
試験の範囲が社会、文化、地域、心理教育などに分かれて説明されています。