就活の情報収集のポイント

就活をする場合には、事前の情報収集が成功のポイントとなります。情報収集には業界、業種、職種などの直接仕事と関係するものはもちろんですが、就活している自分自身の情報も収集する必要があります。自分自身の情報の収集とは、自己分析をし自分自身の価値観や興味、能力などを把握し、自己理解をしておくというものです。現在はさまざまな自己分析のためのアセスメントといわれるものがありますので、これらのアセスメントを利用することが一般的です。

これらのなかには、インターネットの求人サイトで無料でしかもすぐに結果を確認できるものもありますので、最初はこれを利用してみることです。自分自身の情報を収集したら、エントリーシートを記入する事前準備としてまとめておくことが必要です。この場合にはキャリアコンサルタントなどの人に、まとめたシートを見てもらいコンサルティングしてもらうことが重要です。自分のことは以外と客観的に把握できない場合が多く、特に強みや能力などは他の第三者の方が見つけやすいからです。

その次に必要な業界、業種、職種などの情報収集は、厚生労働省や外郭団体などのホームページでも収集できます。また、ビジネス氏や新聞社のホームページ、専門の研究機関なども情報を発信していますので、かなりの情報を収集できます。このときのポイントとしては、自分が興味のあるものはもちろん収集しますが、今は興味がなくても他のものも収集することです。就活中に以前は興味がなかったのに、情報を収集してみたら興味が出てくる場合もあるためです。

給与の日払いのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *