転職のとらえかたについて

転職は、現在の職場をステップ台として、更なる高嶺を目指すためのものでもあります。自身の備えている能力を遺憾なく発揮することができる職場環境こそが、人生そのものを充実させることにつながります。すなわち、転職の目標は、あくまで自身のスキルアップにあります。そのためには、現在の仕事への取り組み姿勢以上のものが求められています。

単に、新たな分野に就いたからということだけではなく、知識や技能のひとつひとつに磨きをかけるための時間を、人一倍に割いていく必要があります。自身のスキルアップに伴い、その成果は、所属する企業や組織だけでなく、社会への貢献度を高めることにつながっていきます。仕事への充実した取り組みということでの自己満足にとどまることなく、世の中に対してどのような恩恵をもたらしているのかについて追求する姿勢が強まっていきます。そのとらえ方は、更に自身を高めていくことになります。

転職は、決して本来の生き方から逸脱した姿ではありません。現有のままでの仕事への取り組み方について、常にこのままで良いのかどうかという自問が存在しています。それを解決させるもののひとつが、転職という形になったに他なりません。もちろん、転職という行動を起こさずとも、充実した人生を過ごしているケースは多くあります。

その中で、多少なりとも疑問の余地が発生するようであれば、選択肢の一つとして考察してみることも決して無駄ではありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *