契約社員の雇用改善の兆しに5年ルール

改正労働契約法が2013年4月に施行されてから契約社員の立場が有利に働きそうでもあります。「5年ルール」と呼ばれるもので、通算5年以上同じ企業で契約社員として在籍した場合、「無期契約」に転換する事が可能というものです。これまで1年単位で契約をしていた人が5回繰り返してきた場合、企業においてはなくてはならない人材と見なされ、正社員と同等の待遇を就業規則に添って得られる可能性が高まっています。おんおk5年ルールとは契約社員にはとどまらず、アルバイトや派遣社員にも適用されます。

5年ルールにおいて注意したい点は「無期契約」イコール「正社員」になれるという点ではないということです。あくまで正社員と同等の待遇が得られるという点でこれまでなかった手当が付いたり、ボーナスが貰えたりと雇用形態に変化はないケースがほとんどです。また、通算5年という所がポイントで5年を経過するまでに一度でも契約期間が空白な部分があるとこれまでの契約期間はカウントされないという点も落とし穴です。契約社員になる人の中には中々正社員に就けないといった理由でやむを得ずといったケースもあり、働く人のモチベーションアップや兆しにもなりうる法律でもありますが、企業によっては5年ルールを適用されない為に5年を超える契約をあえてしないといった対策も危惧されており、働く上では常に不安定な雇用形態である事には変わりはない点では働く者に心配が消えないでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *