契約社員としての働き方も選択肢のひとつ

契約社員というのは、企業などと有期の期間における雇用契約を結んで働く常勤労働者のことを指します。とはいうものの、定義は企業により様々な捉え方をされているのが実情のようです。専門分野を生かし、一定期間を定めた契約を結んだうえで働く場合や、定年になった後、嘱託契約を新たに結び働くケースもあります。ただし求人広告などで募集されているような場合は、雇用期間を定めている場合が多く、正社員などと異なり非正規雇用です。

表記されている条件や処遇面で、契約社員のほうが有利に見えることがあります。しかし特定の条件だけを見て判断することは、避けなければいけません。正社員に比べ月給はよくても、通常は昇給や昇進などはなく、将来の保障もないわけです。しかし、正社員の待遇面での安定度などがない分、比較的働きやすいというよさはあるでしょう。

とはいえ契約期間中は、嫌になったからといって自分勝手にやめたりはできません。かつて日本には、終身雇用が当たり前という企業風土が存在していました。欧米など先進国の実力主義を取り入れたり、組織そのもののあり方を模倣しているうちに、雇用制度も大きく変化しています。個人の考え方や価値観はもとより、それぞれの個性や働き方さえも多様性が認められる世の中です。

正社員やアルバイト、パートタイマーに加え、今や派遣社員や契約社員といった形を自由に選ぶことができるようになっています。どのような就業スタイルにも、メリットとデメリット両方の側面があり、よく理解したうえで選ぶことが大切です。給与の日払いのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *