離職防止対策を行って定着率を高める

せっかく仕事を教えてもすぐに会社を辞められるとまた新しい人に教えねばならず、その分余計な時間と手間を費やすだけでなく士気も落ちていきます。また定着率の高い会社は企業イメージが悪くなりSNSや口コミサイトなどを通じて拡散し、ブラック企業のレッテルを貼られるとさらにいい人材が来なくなります。そもそも企業が成長するかどうかは、人にかかっていて人材が集まらなければ企業の未来はないのです。そこで企業が人を定着させるためには様々な離職防止対策を行って、離職率の改善を行わなければ人材の流出を防ぐことは不可能になります。

そのための離職防止対策を始める前に、まずなぜ従業員が退職するのかその理由を突き止めて冷静に分析して改善していくことです。まず退職理由として多いのが給料が安いや対人関係に問題がある、仕事が面白くないや労働時間が長く休みが少ないなどが挙げられます。そのうち労働時間が長いなどの労働条件の改善にはお金や時間がかかりますが、一つ一つ問題点を洗い出してシステムや環境を変えていくことです。次の対人関係の問題については第三者を交えてじっくり話あってみたり、配置変えを行うことで比較的短期間に解決することができます。

企業が離職防止の対策をしないことで残った従業員の負担が大きくなり、やる気がなくなったりさらに退職者が増えるというリスクが発生します。そのために社内コミュニケーションを密にしたり、公正な評価制度や福利厚生を充実させるなど対策をうつことです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *