離職防止は企業にとって大きな経営課題となっています

近年、離職防止が企業経営の大きな課題の一つとなっています。比較的長期にわたり経済が堅調な中で、少子化の影響で人材不足が顕在化しています。そんな背景の中で、費用を掛けて採用し、また長時間を掛けて教育した社員に退職される事は、非常に大きな損失となります。そこで自社で勤務する社員の満足度を高め、離職防止対策を講じる事が急務となりつつあるのです。

しかしこの離職防止対策は実は非常に難しいと言えます。その要因としては、働く社員が重視する項目が異なるためです。働く人が会社や仕事に求める事項は多岐にわたり、しかもそれが個々人により異なっていると言う事なのです。こうした社員の多くに満足度を持ってもらうためには、企業の考え方や仕組みの全てを総点検する事になり、簡単な作業ではないと言えます。

また企業の経営幹部や管理職の多くは、その会社で育ってきた人たちであり、自社の課題が見えにくいと言う点も、この離職防止対策をより困難なものとしているのです。従って、離職防止が自社にとって大きな課題だと認識されるなら、経営コンサルタントの様な客観的な企業分析を行える第3者に加わってもらい、アドバイスを得ながら案をまとめる事が必要と言えます。かつて人材が確保できないために、経営状況が順調であったにもかかわらず、倒産に至ったと言う企業が多数発生した事もありました。そうした時代の轍を踏まない為にも、早期の対策を講じる事が求められているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *