離職防止を効果的に行う方法

労働力の不足が社会問題になっている一方で、離職は増えていることが報告されています。なぜこれほど離職が増えているのでしょうか。給与が安すぎると感じることは、原因の一つです。重労働の割には給与がそれに見合っていないと感じるなら、別の仕事を探そうと思うかもしれません。

別の理由は子育て支援が十分でないことです。小さい子供を預けられる施設を見出すのは非常に困難です。多くの法律の壁が立ちはだかっています。一定の要求を満たさないと、保育園で受け入れてもらえません。

そのため働きたいのに働けずに貧困に陥る過程も増えています。なんとか保育園に入れることができても、子供の熱や行事で休みをもらうことはさらに難しくなります。働きにくい社会は離職の原因です。離職防止をすることは、労働力の確保のために欠かすことができません。

離職防止として行えることの一つは、柔軟なシフトを組むことです。たとえば子供がいるスタッフが、子供のことも優先することができる体制を作ることは、実際的な離職防止の方法です。また何かトラブルや困ったことがおきたときのサポート体制が整えておくことも離職防止に繋がります。問題を抱えているのに、周囲の人はだれも気が付かないことはよくあることです。

非正規雇用者はとりわけ、いやになったらやめればいいと考えやすくなります。トラブルが起きる前に、上司はもちろん周囲のスタッフもお互い気遣いあうことは欠かせません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *