離職防止は何故しなければいけないの?

離職防止なんて深く考えたことがない、というのであれば経営者として今一度きちんと向き合う必要があります。感覚で離職によって損失が出ると感じているだけかもしれませんが、実際に金銭的に見ても少なくはない損失が出ているのです。良く言われているのが採用に1人当たり数十万のコストがかかると言われています。これだけだと辞めたら損失はこの採用にかかったコストだけが損失のように見えますが、実際にはそれ以上の損失が出ているのです。

例えば年収300万円の社員が半年で辞めたと仮定しましょう。300万円の年収を払うためにはその3倍の売上、900万円が必要になります。そして一人前に働けるようになるまでに半年かかり、それまで半人前の働きであると仮定すると、半年間で稼いだ売り上げは225万円になります。この時点で225万円の損失が出ているという訳です。

実際にはその社員の教育にかかった他の社員の時間(給与)も含まれてくるため、更に損失は上乗せされます。しかも現場としては折角教育したのに辞められたということもあって、損失は更に大きく感じられ、それを繰り返すことによって現場はどんどん疲弊していきます。それを防ぐためにも離職防止対策というのは必須事項になるのです。離職防止と一言に言っても、社内規模や社員の構成、業務内容によっても異なります。

どうしたら社員のモチベーションを維持し続けることができるのかということに重きを置いて、対策を練っていく必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *