離職防止のために企業が実践するべきこと

離職率の高い会社は応募者が少なくなる傾向があります。よい人材を確保するうえで支障になりますので、いかに離職率を低くしていくかが重要です。離職防止対策で大切なのは原因を明確にすることで、同業他社の条件と比較してみるのも手です。例えば他社よりも給与が低いのはわかりやすい指標でしょう。

給与以外では福利厚生・休日日数に問題があるのかもしれません。人間関係も意外と大きく影響してくる問題であり、人間関係が悪いと離職率が高くなります。離職防止のためには人間関係の改善が必須であり、社内アンケートをとることも必要でしょう。給与と人間関係の問題を解決することは、昔も今も離職防止の基本です。

職場環境に問題があれば、口コミサイトに自社の悪口を書き込まれてしまうリスクがあるので、ここは十分に注意してください。労働条件の問題も離職につながるので、働きやすい職場かどうか客観的に判断する必要があります。例えば夏場にエアコンをほとんど使用しない職場ならば、作業が非常につらくなるでしょう。冬場なのに暖房をあまり使用しない状況も似たようなものです。

極度のコストカットは働きにくさに直結するケースがあるので、ほどほどにしておく必要があります。離職防止においては、人は財産だと考えることが基本です。この考えを軽視してしまうとコストカットを最優先し、従業員にとって優しくない職場になります。人の出入りが激しくなれば、長い目で見て会社に損失をもたらします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *