離職防止に関して管理職が講習を受ける

若い人の離職防止を避けるために、管理職が講習を受けるという方法があります。新人教育にお金をかけて育った若い人が、3年以内の早期で離職すると企業にとって損失です。どのようにしたら離職防止になるかのノウハウは、社内よりも外部機関で勉強したほうが役立ちます。新人が3年以内に離職するのはどんな理由かを把握した上で、どのように対応したらいいのかがわかります。

早期退職をさけるために、実際に成功した企業の取り組みも紹介してくれるのがメリットです。信頼関係ができるコミュニケーション術を学ぶことで、管理職のスキルアップにもつながります。講習の参加者とともに、ディスカッションすることで自分の職場のだめなところに気づくことが可能です。内部要因だけでなく、外部要因でどのような問題点があるかわかります。

お給料の問題だけでなく、福利厚生や休暇などでマイナス面があるケースも多いです。若手社員の話の聴き方や、コミュケーションのやり方を整理できます。そして相手のモチベーションに合わせた、対応の仕方が学べるのがいい面です。社員のメンタルヘルスに関しても、離職防止に関して大きな問題です。

職場や仕事のストレスの要因を見つけることで、辞めていく人が少なくなったという事例もあります。精神的に心地いい会社は、社員も長続きするという体験談は多いです。精神的な不調で休んでいる社員との接し方や、復帰プログラムについても相談にのってくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *