離職防止を徹底するのは企業の役目

成長している企業に共通するのは、従業員を大切にしていることです。従業員のモチベーションを上げていくことが、企業の永続的な繁栄につながります。例えば給与が安いより高いほうが、やる気を出してもらえるのは間違いありません。会社の最大の目的は利益を出すことですが、利益ばかりを追求すると離職防止がおろそかになります。

離職防止を徹底している会社は人が成長しやすく、会社全体の活力につながります。頻繁に人が出入りしていると、人材が育ちにくいでしょう。離職防止のためには従業員の能力を見極めて、正当に評価をしてあげることが大切です。どんなに頑張っても給与に反映されないのなら、やる気は萎えてしまうはずです。

離職防止対策は長い目で見れば、大きな費用対効果があります。例えば教育制度が充実している会社は伸びる傾向があるのです。即戦力を求めることは大切ですが、企業により求められる業務は変わってきます。営業を例にしてもさまざまなスタイルがあるので、自社で即戦力になってくれる人材を見つけるのは容易ではありません。

大切なのは従業員をコツコツと育てていくことであり、育成に費用をかける会社は将来的に伸びることが多いです。先行投資の意識を持てるかどうかにより、企業の命運が決まってくるのです。先行投資も含めた初期投資のコストを削減してしまうと、結果的に費用対効果は悪化します。10年後や20年後まで考えて対策をすることが大切になるわけです。

離職防止のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *