自社の環境を見直し離職防止を図ろう

離職防止は企業にとって人材が定着しないことで、求心力の低下や従業員の負担増加、新たに人材を採用し育成するための費用や時間がかかるためとても重要なものです。また優秀な人材が流出してしまうとさらに生産性が落ちてしまうため、人材の定着は非常に重要な課題となります。大切な従業員を流出させないためには、労働環境や労働条件などを見直してみる必要があります。まずは勤怠管理がしっかりと行われ、必要以上の労働をさせていないか、取りたいときに休暇を取りやすい環境であるかを確認しましょう。

何かトラブルや悩みがあった場合にすぐに上司に相談できるなど、上司と部下あるいは部署間の垣根を作らず、コミュニケーションが取りやすくすることも大切です。また自分の仕事が適切に評価されないことでモチベーションが保てなくなることもあるので、しっかりとした評価制度を構築し、実力に伴った適切な配置転換などをすることも必要です。福利厚生や労働条件の改善、コミュニケーションの活発化やなどを図ることで離職防止につなげることができます。人材が流出してしまう原因がはっきりとしない場合には、定期的にアンケートを実施するなどしてやめたいという気持ちがあるのか、何が原因で辞めたいと思うのかなど普段はいえないことを聞き出すという方法もあります。

企業は昔ながらの考えにとらわれず、時代に合った環境を整備していかなければなりません。離職率が高い場合は自社の環境を見直し、離職防止を図りましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *