東京で日本語講師をするには

外国人観光客が2、000万人を超えるような時代において、街で外国の人を見かけない日はあまりありません。

日本政府は、減少する労働人口の歯止めをかけるために発展途上国出身者を中心に積極的に海外から労働者を受け入れる方針を打ち出しており、日本に移り住む外国人は今後も増加するとされています。


そんな中で、たびたび問題になることは外国からやってきた人々が日本語を学ぶことなく、インターナショナルスクールに通うことを選択することです。

独特な文化の中で溶け合うよりも母国の言葉や文化を学ばせることに重きを置いている現状があります。

また、日本語を教える講師が少ないという点も影響しています。

こちらの東京の日本語講師のクチコミ情報を求めています。

東京では、日本語を学ぶことが出来る学校は多数存在しており、日本語講師も地方ほど不足はしていません。


日本へ語学留学へ来る学生たちも大半は東京都を選択します。


東京のみならず外国人の労働者が増加し続けることが予測されているなかで、日本語講師の活躍の場は今後も広がっていくことでしょう。



日本語講師に必要なことは、まず母国語である日本語について深い理解があることが前提となります。私たちは息をするように日本語を操る事ができますが、果たして原理原則まで理解して言葉を使っているのかと問われると微妙な線と言わざるを得ない方は決して少なくありません。



一切日本語が分からない人たちは尚更思わぬ所について質問を飛ばすことがあり、適切な回答を用意していなければ講師としては失格です。

知りたい日本語教育能力の検定事情

日本語教育能力検定試験は、日本語をマザーランゲージとしない外国人などを対象に日本語を教えるための日本語教師としての資質を客観的に把握するために設けられた資格試験です。義務教育の小中学校などとは異なり、日本語教師には国家資格の免許制度はありませんので、民間の資格であるこの日本語教育能力検定試験に合格したかどうかが、将来的に国内または海外に所在する日本語学校の講師などとして就職する上での大きな足がかりとなります。...

more

日本語教育能力の検定の特徴紹介

日本語教師を目指す人におすすめといえる資格の一つが、日本語教育能力検定です。1986年から開始され、年に一回試験が行われます。...

more

日本語教育能力の検定の重要知識

日本語教育能力検定とは日本語教師を目指す人の為の資格、もしくは既に日本語教師として働いている人がスキルアップの為に受ける場合もあります。この検定は日本語教育の専門家として必要な知識を身につけているかを判断する為のモノです。...

more

日本語教育能力の検定の耳より情報

海外の日本語学校や大学その他の教育機関で日本語教師となって活躍したい場合、あるいは日本国内で留学生などを対象として本格的に日本語を教えたい場合には、いまでは日本語教育能力検定試験を受験して合格証書を手にすることがほとんど不可欠となっています。もっとも現在でも日本語教師となるための国家資格は存在せず、その代替になるものが民間による日本語教育能力検定試験の資格といってもよいでしょう。...

more